御朱印旅紀行

全国の寺社を旅行して御朱印をいただいています。

山梨富士川御湯印めぐりを始めました

スポンサードリンク

 山梨へ行ったところ「山梨富士川御湯印めぐり」というのが開催されていることを知り、さっそく始めてみました。

山梨富士川御湯印めぐりが2018年7月7日から開催

 山梨県と長野県の県境に鋸岳に端を発する釜無川を源流に、甲府盆地から南アルプスと富士山の間を駿河湾に向かって流れる富士川。古くから甲斐と駿河を結ぶ街道として栄えてきました。

 この歴史ある街道周辺の渓谷に点在する温泉を巡ると御朱印ならぬ「御湯印」がいただけます。

参加温泉施設

みはらしの丘 みたまの湯

六郷の里 つむぎの湯

天然温泉 まほらの湯

秘湯の宿  赤石温泉

甲州鰍沢温泉 かじかの湯

下部温泉郷 下部ホテル

下部温泉郷 古湯坊 源泉館

下部温泉・湯沢温泉郷 湯治場の湯 不二ホテル

光源の里温泉 ヘルシー美里

すず里の湯 ヴィラ雨畑

天然温泉 奥山温泉

御湯印めぐりパンフレット(表)

御湯印めぐりパンフレット(裏)

参加費用

 無料です。各施設を利用・入浴することで「御湯印」をいただけます。また「御湯印帳」も各施設でいただくことができます。

開催期間

 平成31年3月31日まで。

満願達成したら

 満願を達成すると下部ホテルフロントにて「満願証」がいただけます。

 また抽選で10組20名の方に「富士川湯めぐり倶楽部」全施設共通のペア日帰り入浴券がプレゼントされます。

御湯印めぐり始めてみました

 甲府南ICそばの「風土記の丘農産物直売所」にパンフレットが置いてあったので予定を切り替えて(本当は甲府市内の寺社巡りをするつもりでした)「御湯印めぐり」始めてみました。

「風土記の丘農産物直売所」は桃などの果物を始め、安くて新鮮な農産物がたくさん売っています。

 途中で別の道の駅「道の駅とよとみ」に寄ったり

アニメ「ゆるキャン」に出てきた、山梨県にあるホームセンター「Jマート」に寄ったりしながら下部温泉に向かいました。

「Jマート」は何気なく寄ったのですが、品ぞろえが中々意欲的で「安売りのホームセンター」とは一線を画すコーナーもあったりして、一緒に行った妻が長い時間見入っていました。

 また帰ったらアニメが好きな息子が行けなくて残念がっていましたので、今度は連れて行ってあげようと思っています。

下部ホテルで御湯印をいただく

甲府南ICから下道で下部温泉に向かい到着しました。高速で近くまで行くことはできますが、遠回りになるので時間はあまり変わらないと思います。

ホテルは外見はかなり古そうですが中は改装してあって綺麗かつ豪華でした。

 温泉の利用料は町外1200円です。タオル等も特に付きませんので高級旅館ということを差し引いても少し高いかなという気はします。

 フロントで「御湯印帳」と「御湯印」をいただきました。こちらがサービスですので無料です。

 下部温泉はアルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)でph9.3です。柔らかい入りやすいお湯という感じです。

 さすがに大規模旅館だけあって浴場は広くて快適でした。露天風呂も3種類ほどあってその日は空いていましたので全てのお風呂に一通りつかりました。

 お風呂から出たところにある休憩場所です。お水が用意されています。椅子も高級なものが用意されていて快適に過ごせます。

 外に足湯がありましたが、その日は暑かったので利用はしませんでした。

 俳優の石原裕次郎さんが骨折したときにリハビリのため長期滞在していたようで、お土産店脇に専用のコーナーがありました。

下部ホテル「御湯印」と「御湯印帳」

下部温泉郷 下部ホテル

 

 東京からですと、この辺りはかなり遠いので来年の3月末までということを考えると行けて後2~3か所くらいでしょうか。

 私のように御朱印と温泉をセットで行く人は多いと思うので、恒久的な企画にしてもらえるとうれしいです。

スポンサードリンク