読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

御朱印旅紀行

全国の寺社を旅行して御朱印をいただいています。

平戸~教会巡り 

スポンサードリンク

 以前の写真が出てきたので平戸の教会めぐりの旅をご紹介します。

 佐世保出張の翌日の休みに平戸からぐるっと回って長崎空港まで行く行程を組みました。

f:id:mako_pee:20150706132625j:plain

まずは平戸城を見学しました。

天守閣からの海の眺めは写真のとおり素晴らしいものです。

f:id:mako_pee:20150706132643j:plain

それから城内にある亀岡神社にお参りしました。ベルを鳴らすと出てきて下さり御朱印をいただきました。

www.gosyuinn.com

 

 それから市内見学ということで平戸サビエル記念教会を訪れました。

f:id:mako_pee:20150706132703j:plain

 緑の美しい教会です。1931年建築の比較的新しい教会でどこか近代的な趣があります。

f:id:mako_pee:20150706132745j:plain

 こちらを見学してその美しさに感動してしまい、御朱印はほどほどにして教会群を見て回るプランに変更することにしました。

 平戸から橋を戻って田平天主堂へ向かいました。

f:id:mako_pee:20150706132731j:plain

 1918年建築の煉瓦造の教会ですがその姿は見下ろす平戸瀬戸、平戸大橋とのコントラストと相まって、絵心のない私でも絵画にしたいほどの美しさです。ここだけを見に平戸へ行ってもいいくらいのおすすめスポットです。

f:id:mako_pee:20150706132756j:plain


 こちらの設計は教会堂を得意とした棟梁鉄川与助の設計及び施工で、彼は生涯仏教徒であったにもかかわらず、このような美しい教会をいくつも建設しています。

 

 次に平戸島中央部にあるカトリック紐差教会へ。

f:id:mako_pee:20150706132810j:plain

 こちらも鉄川与助の設計及び施工の真っ白なロマネスク調の大変美しい教会です。ここは本当に日本なのかと思うほど垢抜けたデザインでこれを明治の大工さんが作ったというのは驚きです。

f:id:mako_pee:20150706132922j:plain

 最後に宝亀教会を見学しました。

f:id:mako_pee:20150706132826j:plain

 ちょっと道がわかりづらかったですが何とか辿り着けました。平戸で一番古い教会だそうです。小じんまりしていますがとてもかわいいデザインで女性受けしそうな雰囲気です。建築的にも珍しい構造だそうです。こちらから見える海の景色がまた格別の美しさです。

f:id:mako_pee:20150706132837j:plain

 世界遺産「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」は隠れキリシタンの歴史とともに世界遺産の価値は充分にあると思います。是非実現していただきたいと思います。