御朱印旅紀行

全国の寺社を旅行して御朱印をいただいています。

熊野三山への御朱印ドライブ② 熊野本宮大社・熊野速玉大社

スポンサードリンク

東京から1泊して伊勢を抜けて尾鷲に立ち寄り熊野まで到着しました。

初日 ⇒ 熊野三山への御朱印ドライブ① 東京~尾鷲市~熊野市 

ここから目的地である熊野三山を目指します。

熊野本宮大社に向かう

 熊野市から山道を入り熊野本宮大社を目指しました。国道311号線から国道169号線を経て、最後に国道168号線に合流するルートでしたが、あまりメジャーなルートではないらしく交通量も少ないですし、なかなかの秘境の雰囲気で少し心細くなりました。

 山々の間を流れる何の整備もされていない川の脇を走りますが、物音一つしない感覚は普通には味わえないものです。

 新宮市から来る国道168号線に合流してやっと文明の雰囲気を感じられました。

熊野本宮大社に到着

 国道168号線を少し走ると熊野本宮大社に着きました。ここまでの道のりとは打って変わってたくさんの観光客です。

 車は向かいの世界遺産センターなどがある敷地の駐車場に停めて、さっそく参拝です。

 そこそこ階段があって体力が必要です。さすがは大きな神社で荘厳な雰囲気があります。

 もう少しで到着です。

 本殿に到着しました。各社にお参りしてまわります。ここ熊野本宮大社はもともとは熊野川の中州にあったのですが、1889年(明治22年)の大洪水で流されて現在の山上に移転しました。社殿も現在は上四社のみですが、以前は中四社、下四社と十二社あり、相当な規模であったと想像されます。

 参拝した後に授与所にて御朱印をいただき、オリジナル御朱印帳を購入しました。2500円とかなり高い御朱印帳でしたがせっかく来たので購入しました。

 参拝後、神社併設のカフェがありましたので、そちらで「もうで餅」と抹茶をいただきました。

 もうで餅はなかなかの逸品でとてもおいしかったです。後でお土産に買うつもりでしたが、その後買う機会はありませんでした。失敗しました。

 カフェはおしゃれな感じの綺麗な建物でした。

スポンサードリンク
 

新宮市へ向かい熊野速玉大社へ

 今度は新宮市へ向かい国道168号線を海側へ向かって降りていきます。途中の熊野川の両岸が洪水の影響で大きく崩れていたりで、やはりこの辺りは自然に近いエリアであることが再認識させられます。

熊野速玉大社参拝

 このような風景の中を小一時間ほど走り新宮市に入ります。熊野速玉大社は街の中にある神社です。

鮮やかな朱色が美しい神社です。

 熊野川河口に鎮座する熊野速玉大社は、境内には神木とされる天然記念物の「ナギの木」の大樹があります。また足利義満公が奉納したと伝えられる調度品を始めとした古神宝が国宝に指定されています。 

 境内はそれほど広くはありませんが総本宮にふさわしくとても荘厳な雰囲気です。

 御朱印はこちらの授与所にていただきました。オリジナル御朱印帳もありましたので購入しました。

阿須賀神社参拝と徐福公園

  日が沈むまでもう少し時間があったので市内の阿須賀神社に向かいました。

 こちらも熊野三山に並ぶ古社で創建は第5代孝昭天皇の代の創建と伝えられています。平安時代後期から12世紀前半までの中世熊野参詣では、阿須賀神社に参詣することが常であったと言われています。

 こちらも御朱印もいただきました。

 この後、近くにある徐福公園に行ってみました。

 徐福は秦の始皇帝の命により不老不死の霊薬を探して、財宝と共に数千人を従えて秦から東方に船出したと記録され、この地にやってきたとされています。

 その江戸時代に建てられた徐福の墓とされる場所を中心に整備したのがこの公園です。

 史跡といっても江戸時代に作られたものばかりで、かなり信ぴょう性に欠ける気はしますが、この辺りは確かに中国あたりから流されて漂着しそうな場所ですのであながち否定しきれないとも思えます。

 車は向かいの観光駐車場に停めました。こちらには御朱印はありません。

 その他このエリアの観光スポットについてはこちらのサイトをご覧ください。

南紀・白浜の観光スポット~楽天たびノート

休暇村南紀勝浦に宿泊

 日も暮れてきましたので本日のとまりの休暇村南紀勝浦に向かいました。新宮の街からそれほど離れていませんでした。車で15分ほどでしょうか。

 行ってみましたら、かなりの混雑でホテルの駐車場がほぼ満車でびっくりしました。何か宴会か何かが入っているのかと思いましたが、そうではなくほとんどが宿泊の方でした。

 食事の時に周りを見ましたが、自分たちが一番若い部類で、ほとんどの方がお年寄りでした。

 ホテルは近代的とは言えませんがそこそこ綺麗で温泉もあったので満足です。食事をグレードアップすると値段は上がりますが、この地域はそもそも美味しいものがあるところではない(名物のまぐろもそれほどではありません)ので普通のプランで充分かと思います。

⇒ 熊野三山への御朱印ドライブ③ 補陀洛山寺・熊野那智大社・青岸渡寺・阿弥陀寺 

スポンサードリンク