御朱印旅紀行

全国の寺社を旅行して御朱印をいただいています。

鶴岡へ御朱印の旅 出羽三山神社~荘内神社

スポンサードリンク

荘内空港から出羽三山神社へ

 この日は前々から行きたかった庄内地方への御朱印旅行です。ANAのマイレージの有効期限が迫っていたので、休みを取って思い切っていってみました。。

 空港でレンタカーを借りて出羽三山神社へ向かいました。

 レンタカーは各社いろいろありますが、ポイントをもらっても結局使わなかったりしますので、楽天トラベル(レンタカー)で予約するのが一番いいかなと最近は思っています。

 少し天気は今一つでしたが、ほとんど車のいない道を爽快なドライブです。しばらく走ると出羽三山神社の鳥居が見えてきました。

山道に入り神社を目指します。

到着です。

三神合祭殿です。手前は鏡池です。

 社殿は合祭殿造りと称すべき羽黒派古修験道独自のもので、高さ28m、桁行24.2m、梁間17mの壮麗な建物です。

 主に杉材を使用しており、内部は総朱塗で美しいです。

 御朱印は写真の右手に見える納経所にて受付です。オリジナル御朱印帳もありましたので購入しました。

鐘楼と建治の大鐘です。国の重要文化財に指定されています。

 堂は鏡池の東にあり、切妻造りの萱葺きで、小さいが豪壮な建物です。山内では国宝五重塔に次ぐ古い建物とのことです。鐘は建治元年(1275年)の銘があり、古鐘では、東大寺・金剛峰寺に次いで古く且つ大きい。

末社の列です。壮麗で見ごたえがありました。

 訪れたのが11月末で、ほとんど雪が降るかという時期でしたので参拝の方はあまりいませんでした。少し肌寒く、物悲しい雰囲気の中での参拝でしたが、反対にこの神社の雰囲気には合っているのかなと感じました。

五重塔へ

 車で一度下へ降りて五重塔を目指します。本来はこちらから山を登っていくのが正式な参拝方法ですが時短の参拝とさせていただきました。

 こちらの方が本殿よりも観光的には有名ですので、そこそこ観光の方もいらっしゃいました。

 五重塔へは歩いて十分程度ですが、こんな感じの道を行きますので、ある程度人がいてくれた方が怖くなくて良いです。

 美しい自然の中を歩きます。

 五重塔に到着です。国宝に指定されており、現在のものは約600年前に羽黒山の別当であった武藤政氏の再建と伝えられています。

 記念撮影をして戻りました。こちらには御朱印等はありません。

 帰りは滝のところに降りてみました。

随身門です。ここより先は出羽三山の神域となり、神域は遠く月山を越え、湯殿山まで広がる広大なものです。

 御朱印等はこちらをご覧下さい。

www.gosyuinn.com

スポンサードリンク
 

鶴岡天満宮と荘内神社に参拝

 晩秋の東北は日の入が早いので、少し薄暗くなってきました。ここから鶴岡市の市街地に向かいます。

 まずは鶴岡天満宮です。鶴岡の学問の神様として崇敬されており15世紀ころの創建とされています。

 駐車場は数台分ありますが、前の道が狭くて少し危なかったです。レンタカーが小さい車でしたので助かりました。

 御朱印は授与所にていただきました。まだ16時ころでしたがどんどん暗くなっていきます。

 次に荘内神社です。こちらは新しい神社で明治10年の創建です。 

 江戸後期から明治期に流行した藩祖を祀った神社のひとつです。庄内藩主の居城であった鶴ヶ岡城の本丸址に鎮座します。

 絵柄の綺麗な御朱印帳がありますが当日はあいにく売り切れで購入できませんでしたが、ご親切にも郵送を受け付けていただきましたので、後日送っていただけました。

 鶴岡天満宮、荘内神社の御朱印等はこちらをご覧ください。

www.gosyuinn.com

温海温泉 萬国屋へ

 泊りは 温海温泉 萬国屋 にしました。高級旅館だけあって立派なエントランスです。

 料理はこんな感じです。

 前々から行きたいと思っていた旅館で楽しみにしていましたが、思ったほどではありませんでした。別に悪いというわけではありませんが、「普通」です。特に温泉がそれほどでもなかったので次回この地方に行くときは別の温泉地に行ってみようかと思います。 

 

スポンサードリンク