読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

御朱印旅紀行

全国の寺社を旅行して御朱印をいただいています。

神社とお寺では御朱印帳は分けるべきか

スポンサードリンク

神社とお寺の御朱印帳は分けています。 

 授与所でほかの方が御朱印を受けている場面に出くわすことがよくありますが、神社とお寺の御朱印を一つの御朱印帳にごっちゃにしている方をよく見かけます。結構そういう人が多いみたいで、ネットでもどうしたらいいかという質問をしている方がいらっしゃいます。

f:id:mako_pee:20170407224216j:plain

 別に明確なルールがあるわけではないので、こうしなさいと言う気はないですが、もしわたしが聞かれたら「分けた方が良い」とお答えします。

 理由は「一緒にするのを嫌う神社やお寺があるから。」です。

 私たちは当然の権利として御朱印を買っているわけではなく、神社やお寺のご厚意で御朱印をいただいていると思っております。ですから先方が嫌がるならばそれをしないというのがマナーかと思いますし、トラブル防止のためにもそうした方が良いでしょう。

トラブルで嫌な思いをしたくないという単純な理由です。 

 そもそもの日本の宗教観は神仏習合ですから気にしない寺社がほとんどかと思いますが、やはり神道と仏教は違う宗教ですし、中には教義に厳密な方もいらっしゃいます。また明治期の廃仏毀釈のときにいやな思いをした寺社もあるようです。また近隣の寺社と折り合いが合わないという世俗的な争いもあるようです。せっかくの寺社巡りで嫌な思いをすることはありませんので、少しでもトラブルの種は少なくしておくに越したことはないと考えています。

 なお御朱印の成り立ちなどはこちらの方のサイトがお詳しいようですのでリンクを貼っておきます。 

  御朱印帳は神社とお寺で分けるべきか? | 古今御朱印覚え書 

日蓮宗のお寺では注意が必要

 また日蓮宗のお寺で「御首題」をいただくときは、「御首題」専用の納経帳が必要です。神社や他の仏教宗派と同じ御朱印帳の時は「妙法」としか書いていただけませんので注意してください。わたしのおすすめ御首題帳は身延山思親閣のものです。大判で紙質が良いので気に入ってます。他にも日蓮宗のお寺で買い求めた御朱印帳を利用するのが良いかと思います。私が持っているのは身延山、誕生寺(鴨川)、了仙寺(下田)などですが、簡単に手に入るわけでもありませんので日蓮宗用に市販の物を使うのも一つの方法かと思います。

www.gosyuinncho.com

その他注意すべき点 

 せっかくですので他に注意すべき点をあげておきます。

 まず御朱印をいただく順番ですが、原則として参拝、お参りをしてからいただくようにしています。ただし観光寺院などでは「御朱印は先に」と書いてあるところもあります。そういうところは先方の運営に協力して原則を曲げて対応しています。

f:id:mako_pee:20170407224514j:plain

 次に霊場巡礼についてはできるだけ霊場専用の納経帳を使った方が良いです。特にあまりメジャーではない霊場はかなり厳しい対応のところもありますので持っていた方が無難です。(観光寺院ではないので作法に厳しいところが多いです)逆に持っているととてもフレンドリーに歓迎してくれるところもありますので、やはり持っているに越したことはありません。

 ただし霊場専用納経帳はどこで売っているかわからず、なかなか手に入らないことも多いです。私の別ブログ 全国オリジナル御朱印帳コレクション の中でわかるところは情報提供していますのでご利用ください。

 他には寺社固有の問題で御朱印をいただきづらいところ、行き方の難しいところなどがあります。さらに書き手の方が気難しいところもあります。その辺の事情につきましては、これもわたしの別ブログ まことのすけ御朱印帳 で書いていますので参拝の際には参考にしていただければと思います。 

スポンサードリンク